ブログ転載① 感情とふるまい方(そしてあなたが引き寄せたい人)をコントロールするには…?

ビル・ハリスのブログから、脳のコントロールについて役立つ情報を翻訳・転載していこうと思います。
※英語の言い回しがちょっと日本語として翻訳しにくいものがあるので、少し言い換えたり、文章がなるべくみやすいように段落分けしているものもあります。☆★は、私個人がわかりやすくなるように付け加えた内容です。

まずは
感じ方・ふるまい方・引き寄せ方をコントロールするには?という記事についてお伝えしていこうと思います。

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

How To Be in Charge of How You Feel and Behave (and Which People You Attract)…

私たちはそれぞれ、私たちが成長するにつれて、「現実の内部地図」と呼ぶものを作ります。

この「現実の内部地図」は、次のものを作成する内部認知プロセスの集まりに対する名前です。

  • あなたはどのように感じているか?
  • どのように振る舞うか(または、振る舞いに失敗することもあります)
  • あなたが惹きつける、または引き付けられるのはどの人や状況か
  • あなた自身が起こさせている今の状況は、何を意味するのか…


    …あなた自身が起こさせている今の状況は、何を意味するのか?

あなたの「現実の内部地図」は、実際にあなたの感覚を通して入ってくる情報を、あなたが感じるもの、行動の仕方、あなたが引き付ける、又は引き付けられるようになる人々や状況へと変えるシステムです…

アハ体験1

このプロセスにはいくつかのステップがあります。
しかし、本当の問題は、あなたが自分の人生のこれら4つの重要な部分を自分の意識の外側に作成するのか(この場合、あなたの過去の経験によってプログラムされた形であなたの内部マップが決まる)です。
その場合、これら4つのことが選択肢になります。

最も単純な意味では、あなたは何に注意を払うべきかを決めることから始めます。

それから、あなたはそれにどのように注意を払うべきかを決定します - 言い換えれば、あなたはそれを自分自身にどのように表現するか(すなわち、それについてどう考えるか)を決定します。

何に注意を払うべきかを決めることは、あなたが感覚を通して許すものを選ぶことを含みます - 簡単な例はテレビを見るか、本を読むか、または夕日を見るかどうかです。

次に、それぞれの瞬間にあなたの五感に触れている何百万もの情報のうち、どれに気づくかを決めなければなりません…

…そしてどれを削除すればいいのかわからない。

これは軽微な決定ではありません(そして、今のところ、あなたが大部分の人々に似ているのなら、無意識のうちに、そして自動的にそれを作っているのです)。

それぞれの瞬間にあなたの感覚を通して入ってくる情報量は膨大です。
あなたは、いつでも、そのほんの一部にだけ注意を払うことができます。
それはあなたが触れている情報のうち、大部分を削除しなければならないことを意味します。

そして、この感覚情報の猛攻撃はどんどん出入りし続けているので、
あなたはこの決定を何度も何度も繰り返し行わなければなりません。

これをより簡単にするために、あなたの「現実の内部地図」は、何を入れるべきかを決定するための特定の自動的な、予め設定された方法から成ります…

…そして何を省くか。

見ないこと

この方法は、そのままでは便利ですが、いくつかの欠点があります。
あなたはあなたがそれをする方法を決めるための本当の基準を持つ前に、あなたが非常に若い頃に何に注意を払うべきかを決めました。

人間として本当に効果的であるためには、”オートパイロット”の状態からこのプロセスを取り除き、意識的にそして意図的にそれをすることを学ぶ必要があるでしょう。

それぞれの瞬間に、あなたが心に留めている結果に応じて、変化に注意を払うために何が有益であるか。
何に注意を払うべきか(そして何を削除するべきか)を意識的に決めることは大きな利点があります。

あなたの信念はあなたが注意を払うものに強く影響します。
信念は具体化され、注意を集中させるための事前設定された方法であり、それゆえ、私たちが現実に叶うと信じるものを作る方法を見つけるという意味で自己完結的な予言になります。(または少なくとも通常は同じことである真実のようです)。

あなたが何かを信じるとき、あなたはその信念を支持しないものは何でも削除し、そして残りを守ります。

信念はあなたが信じることが本当に本当であることを確認するのを助ける人々と状況に引き付けられるか、または引き付けられるようになります。

「信じていなかったら、見たこともないだろう」と、ある才人は言いました。

たとえば、男性は信頼関係がなく信頼性が低いと信じている場合、実際には信頼できない男性に気付き、引き付け、引き付ける可能性があります。
多くの人がいる空間でさえ…

…あなたの注意は自動的になります。

そのような男性に引き寄せられる!

同時に、あなたはこのプロファイルに合わない男性に気付かなかったり、引き付けられたりすることはありません(私たちが無意識のうちに特定の人々や状況を引き付ける方法の別の例)。

男性 引き寄せ

人間関係に信頼のある男性と出会った場合、彼らに惹かれることはないでしょう。
そうでなければ、彼らがしたことを信頼できない証拠として解釈するでしょう。

お金を稼ぐのが難しいと信じるならば、あなたはそれが本当にお金を稼ぐのが難しい状況に引き付けるか、または引き寄せられるような方法であなたの注意を集中するでしょう。

あなたはそれがお金を稼ぐことがより簡単であるかもしれない状況に気付かないでしょう。

そして、あなたが金儲けの機会に気付いた場合、あなたはそれを割り引くか、とにかく失敗につながるような方法で行動します - あなたの信じるものの「真実」を確認します。

もちろん、あなたの目標は、「現実の内部地図」を意識的かつ意図的に操作し、状況に合わせてその場で使用方法を調整することです。

…それが「あなたが創造したいことの結果」となります。

これはあなたが望む結果に基づいて何を信じるべきかを選ぶことを意味します。

自分が信じるものを実現する方法、またはそうであるように思える方法を見つけることができるので、

信じるものを選択することが、自分が欲しいのものを創造する方法になります。

状況に合わせて自分が信じるものを変えるというこの考えは、ほとんどの人にとっては頭がおかしいと思われるようです。

おかしくない理由をのべましょう。

ほとんどの人は、「これが真実だ」と思うことを信じるのです。
言い換えれば、あなたは信じるか、あなたには「証拠」があるから信じるのです。

あなたの「証拠」が一度ある出来事を信じさせたのなら、あなたはさらに多くの証拠を作りしていることにきづくでしょう。心理学者が信念と呼ぶのはそのためです…
☆★例えばAさんは自分を嫌っている、と思えば、理由はわからずとも、少し怒っているだけで自分に対して怒っている=自分を嫌い という証拠がまた一つ増える。

…自己完結的な予言。

宇宙

そこで私のアドバイスがあります:

何を信じるべきかを決める際、過去の証拠を使用する代わりに、あなたが念頭に置いている結果に基づいて決定してください。

今どのようにそうすればいいのか?

それはあなたが「証拠」を無視しなければならないという意味ではありません

「証拠」があなたに告げていること

真実は真実ではないのでしょうか?はい、ある意味ではそうなのです。

では、どのようにして、あなたは現在持っている「証拠」にあらがうことができるのでしょうか?

第一に、信念がそれ自身の証拠を生み出し、そしてその証拠があなたが信じるものを強化するということを理解してください(それはより多くの証拠の創造につながります)。

もっと機知に富んだ何かを信じることにした場合、あなたはあなたの新しい信念が真実であるという証拠を生み出すでしょう。

事実として、すべての信念は「真実」です。
すべての信念があるという意味で彼ら自身の証拠や真実を生み出します。

次に、周りを見回して、どこかにいる他の誰かがあなたが信じたいことを信じていることを認識します。 (そして、おそらく、彼らはあなたよりも良い結果を得ているのです。)もしそうなら、それを信じることは明らかに可能です。

それで、あなたがあなた自身の信念を持つまで、その他人の証拠を借りてください。
その信念が真実であるかのように信じましょう。

あなたがこれをするならば、あなたはそれが叶うようになるアイデア、動機、内部の資質、そして行動を生み出すでしょう。

あなたが作りたいものに基づいて、信じるものを選ぶことができます。

あなたが信じるものを変えるには、
「あなたが注意を向けているものと、あなたが受け取っている情報をどのように削除するか」によって、''あなたが感じるものと行動、引き付けるものを変えることができます。
''
あなたの「現実の内部地図」のもう一つの重要な側面はあなたの価値観です。
価値観はあなたが重要だと思うものです。

何かが重要だと思うとき、あなたはそれに注意を払い、そしてあなたはそれに時間を費やします。

そして、それはあなたが何に注意を払うべきか(そしてあなたが得る結果)を決定するもう一つのフィルタです。価値観もモチベーションの源です。

何かがあなたにとって重要であるならば、あなたはそれに注意を払います、そして…

…それはあなたをやる気にさせます。

信念と同様に、あなたはあなたにとって重要なものを選択することができます。
ほとんどの人は、選択の基準を持つには小さすぎる場合、この選択をします。

そして、選択したものが無意識のうちに、善悪のために機能します。

子供の時、どのようにこの選択がなされるのか?

私たちは両親からかけられた圧力に基づいて選びます。

両親は何が重要であるべきかについて、時には前向きで、時にはそうでないものをもたらします、そしてこれはあなたの内的地図のもう一つの無意識の、自動的な部分になります。

しかし、あなたは、何を重視するかを選ぶことができます、そうすることで…

…あなたの人生を管理してください。

何に注意を払い、何を取り除くかを決定するために使用するフィルタの集まりがもう1つあります。これらのフィルタは「メタプログラム」と呼ばれます。

メタプログラムは(コンテンツを持っている信念や価値観とは異なり)コンテンツフリーです。メタプログラムは任意のコンテンツに適用できます。

もっと重要なメタプログラムをいくつか見てみましょう。

「方向フィルタ」は、特定の状況で、自分が望むものに向かって移動するのか、望まないものから離れて移動するのかを決定します。

誰かが「あなたに良い仕事をすることが、なぜあなたにとって重要であるか?」を尋ねるなら、
あなたは「良い仕事をすることは良い生活を作り出し、あなたがあなたの創造性を行使することを可能にする」と言うかもしれません。

あなたは自分が欲しいものを説明しています - 良い生活、そしてあなたの創造性を行使します。

心の扉を開く

あなたは向かっています

ただし、このフィルタを逆の方法で使用することもできます。

良い仕事がなければ、成果を上げるのに苦労しているし、退屈で興味をそそらない仕事で週40時間過ごすのは悪いと感じるかもしれません。

この場合、あなたは何から離れたいのかを説明しました。
目的を達成することができず、あなたにとって興味のないものにあなたの時間を費やすことです。

どちらの場合も、あなたの意図は同じかもしれません。
最初のケースでは、あなたはそれに向かっていくことによって得たいのですが、2番目のケースではあなたは反対に遠ざかることによってそれを得たいのです。

あなたの心に集中するこれら二つの方法は…

…非常に異なる結果を生み出します。

あなたが望むものに向かって動くか、あなたが望まないものから遠ざかるかにかかわらず、あなたはそれに集中しなければなりません。
あなたの心は達成する目標としてあなたが焦点を当てていることを取ります。

あなたが欲しいものに焦点を合わせる(すなわち、あなたが欲しいものに向かって動く)なら、それをどうやって得るかを考え出しましょう。

一方、あなたが避けたいことに焦点を当てる(あなたが望まないものから遠ざかる)なら、あなたの考えを見つけ出すでしょう…

…どうやってそれを実現するかを。

それはあなたの意図ではないとしても。

あなたの心はあなたが文字通りあなたが集中していることを取り、あなたがそれを望んでいると仮定します。

例えば、人々があなたを嫌いであることを恐れている場合(これはあなたが嫌われていることから離れること、すなわちあなたが望まないことに集中することを引き起こす)、実際に愛さない人々(あなたを好まない人、あるいは誰も好きではない人。)を引き付ける方法を見つけるでしょう。

あるいは、無意識のうちに人々があなたを好きではないような方法で行動したり、人々が言っ​​たことや行動を解釈したりしても、たとえ他の人があなたを好きではないように見せるかもしれません。

あなたが望んでいないものに自動的に(そして無意識に)焦点を合わせるのは無駄ではないが、それでも多くの人がそれをやっていることをあなたが見ることができることを願っています。
自分が作成したものを担当するには、意識しながらこのフィルタを意識的に使用する必要があります。

瞑想をする

あなたはそれが無意識のうちに動作するのを許可することはできません。

どのようにして必要な意識を高めることができるでしょう?

ホロシンクによる瞑想してください。

意識が高まるにつれて、自分の生活の中で「機能していない分野で自分が望んでいること」から離れていくのを目にすることになり、それを続けることができなくなります。

意識は選択を生み出します、そしてあなたが選択を持ったら、あなたはいつもあなたに役立つものを選ぶでしょう…

…そして自分の望まないこと、したくないことを捨てることができます。

もう1つのメタプログラムフィルタ、「理由フィルタ」は、自分がなぜある行動を実行するのかを決定します。
これを「可能性による選別」または「必然性による選別」と呼びます。

無意識のうちに、そして自動的に成長しながら学んだ一連の規則や「想定されるもの」に従う人々がいます。
これらの規則は、事前にプログラムされたフォーカシングおよび事前にプログラムされた行動を作り出します。

このアプローチには特定の利点があります - ルールはショートカットであり、過去に(おそらく)うまく機能した方法で行動できるようにします。
ただし、一連の規則ですべての可能性を網羅することはできません。

人生はしばしば複雑です。

それならば、どうしようか…

うまくいくルールが見つからないときには?

私たちが子供の頃から持ってきたルールの多くは、私たちの両親の譲渡制限に他なりません。

そのルールと「今持っていること」によって、私たちは他の可能性を除外したり、見ないようになります。

そして、あなたがそれらを見ていないのなら、それらは(少なくともあなたにとっては)存在していません。

一方で、あなたがある特定の状況での可能性に焦点を当てているのであれば、あなたはまだルールが示唆していたのと同じ行動に終わるかもしれません…

…しかし、あなたは違う理由でそれをやるのです!

さらに良いことに、他の多くの可能性、そうでなければ見えなかった可能性があることがわかるでしょう。

しかし、ショートカットできる、という側面での利点はどうですか。
あらゆる状況において、無限の可能性があるすべての可能性を考慮する必要はありませんか。

リラックスしてください。それらすべてを考慮し、それらを評価し、最もリソースの豊富なものを選択できるあなたがちゃんといます…

…そしてすぐにそれを実行してください。

ただし、これはひとつづつ、つながりのある形でされるわけではありません。

代わりに、制限のない無数の数を一度に簡単に処理し、最も工夫に富むものを選択できるという、ある脳の部分によって行われます。

ただし、この部分は、「可能性によってソートする」ときにのみ機能します。

また、この状態のときの能力を引き出すための秘訣は意識です。
意識を高める最も簡単な方法は、ホロシンクを使用することです(または、もっとゆっくりしたい場合は、従来の瞑想を使用します)。

これらの(そして約20以上の)メタプログラムフィルタはあなたが何に注意を払うべきかを決定します。

おそらく今のように無意識のうちにそれらを使用することも、意識的かつ意図的にそれらを使用することを可能にする意識を作成することもできます。

これらのフィルターが無意識のうちにそして自動的に作動するとき、それらはある決まった方法であなたの人生を作ります。

あなたが意識的にそして意図的にそれらを使用するのであれば、あなたはあなたが望むほとんど何でも作ることができます。

それはとても簡単なことです。

瞑想でコントロール

「現実の内部地図」をマスターする

これはすべて非常に複雑に思えるかもしれません、そしてある意味でそれはそうです。 (実際、私たちはあなたの「現実の内部地図」の表面をほんの少しだけ見て、そのほんのいくつかの側面を見てきました。)

しかし、あなたはあなたの母国語に堪能です、そして最も単純な言語でさえ頭が痛いほど複雑です。
あなたの現実の内部地図を習得することは他の何にでも似ています - あなたはあなたが現在いるところから始め、あなたは練習し、そしてあなたは進歩を遂げます。

この過程はあなた自身を発見すること、そしてあなたがあなたの人生経験を創造する過程の一つであるので、それは魅力的なことです…

…深いポジティブな報酬とともに。

ジャズミュージシャンが即興のために学ぶために使用するのとほとんど同じプロセスです。
ミュージシャンは、和音、音階、その他の語彙を練習します。彼は意識的に彼が練習している間それらをどのように配置するかについて考えます。

しかし、ある時点で、ミュージシャンの演奏能力はもはや意識的な思考を必要としません。
彼は自分の心をリラックスさせ、私が先ほど述べた彼の心の部分、彼が実践してきた技術を活用する部分を引き出します。
彼の他の部分では、次の瞬間に何をプレイするかについて考えられるすべての選択肢を確認し、それらを評価し、最適なものを選択してから、すべて1分の1秒で再生できます。

…意識的な考えなしで。

ジャズミュージシャンはこのようにプレーしなければなりません。

音楽は意識的な考えが処理できるよりも早く起こります。
したがって、文法、構文、または各文の内容を考慮せずに他の人と話すのと同じように、彼はほとんどまたはまったく意識的な思考ではありません。

さて、あなたはジャズミュージシャンではありません。
しかし、あなたはおそらく車を運転する方法を知っています。
☆★(でなければ自転車など)

あなたが最初に運転することを学んだとき、あなたはそれぞれの動きを通してあなたのやり方を考えなければなりませんでした。

「止めてください。ブレーキはどこにありますか?正確に、正しい場所と正しい瞬間に立ち止まるために、いつそれを踏み出しますか?」
「わかりました。…次は、曲がるんですね。肩ごしに目を通し、どれくらいの空間が必要か考えて、どれだけ速く行くか、そして、どのタイミングで行くべきか決めなければならなくて、そして、ガス、制動、ステアリング、などを正確に使って、、」

…あなたが意識的に、考えながらやらなければならなかったので、それは多くの負荷でした。

しかし今、あなたは少しの意識だけで運転しているでしょう。
どのようにしてそのようになったのですか?練習することによって、あなたがそれぞれの瞬間にすべての可能性を評価する能力を開発するまで運転することによって、正しいものを選んでください、そして、それをしてください…

…意識的に考えずに…すべて。

ジャズミュージシャンと同じように、あなたは無意識のうちに何もないところから始めました(あなたはどうやって今の状態になるのかを知りませんでした、そしてあなたは自分が知らなかったことすら知りませんでした)。

その後、少し練習を重ねると、意識的にできなくなりました(自分が知らなかったこと、そして取り組むために必要なことに気づき始めました)。

次に、あなたは意識的に有能になりました(あなたはそれをすることができましたが、

あなたはそれを通してあなたの道を考えなければなりませんでした)。

最後に、あなたは無意識のうちにできるようになりました(あなたはしていることに対して無限に良いか悪いか評価することができ、即座に、何をすべきかを決め、そしてそれをすることができるあなたの無意識の心の一部に引き渡しました)。

ところで、これらのさまざまな段階を通過する能力は、学習しているものすべてに費やされる神経活動の量に関係しています。

十分に練習してしまえば、運転したり音楽を流したり、あるいは意識的にそして意図的に「現実の内部地図を操作する」ことに責任を持つあなたの脳の部分へと…

…引き継ぐことができ、その仕事をします。

あなたは「現実の内部地図」を管理することを学ぶことができます。

まず、あなたはそれがどのように機能するかの基本を学びます。

次に、それをどのように使用してきたか、そしてその使用方法によってどのような結果が生み出されてきたかに気付きます。

それから、あなたはそれぞれの部分で楽しみながら行動し、それが何をもたらすかについて調べて、あなたが行使していなかった他のすべての選択に気づきます。

あなたはそれらをすることで、彼らが何をしているのかを調べます。

最終的には、食事中に車を運転し、電話で話し、ラジオ局を変え、化粧をし、そして乗客に話しかけるのと同じメカニズムが引き継ぎます。

あなたはジャズミュージシャンのようになるでしょう、何年もの間練習した後、楽に美しい音楽を生み出します。

あなたがこの種の支配権を持つ者を知らないかもしれないという事実は、あなたがそのような人になることができると信じるのを妨げるべきではありません。

それはできる(私はそれをしました、そして私はそれをするように多くの人に教えました)のです。必要とされるのは、そうすることへの欲求と、実践への固執だけです。
その過程は魅力的で、そしてその見返りは莫大です。

自分が感じていること、行動の仕方、自分の生活にどのような人や状況を引き付けるのかを本当に管理できるとしたら、どうしますか。

私たちはそれぞれ選択肢があります。
必要に応じて、「現実の内部地図」が作成されるよう事前にプログラムされているものは何でも自動的に作成し続けることができます。

欲しいものを作り出すために。

あなたは今まで、この選択が存在することに気づいたことはないかもしれませんが、それは本当の選択です。

あなたはあなたの心の手綱を取ることができます。
そしてあなたの心をマスターすることで、あなたはあなたの人生をマスターすることができるのです。

目的の達成