アミノ酸誘導体ホルモン・「メラトニン」とは

メラトニン

画像引用:Wikipediaより

メラトニンとは

メラトニンは、ホルモンの一種で、脳内神経物質のセロトニンを経て体内で合成されます。
日中のメラトニンの濃度は低く、夜暗くなってくるとき、就寝前に分泌量が増えます。メラトニンは、体内時計や生体リズムの調整に深くかかわっています。

メラトニンは、睡眠と関係し、リラックスさせる作用があります。さらに、DNAの保護にも関わっているとされています。

メラトニンは、1歳から5歳あたりの幼少期の時期にもっとも多く、年をとるにつれ減少していきます。そのため、睡眠量が年齢とともに徐々に減っていくことになります。

ホルモンは、生物によってそれぞれ持つホルモンの種類が異なるのですが、メラトニンはすべての生物が共通して持っているホルモンなのだそうです。

ホルモンとは:コルチゾールの記事からおさらい

ホルモンは、大まかに分けてペプチドホルモン、ステロイドホルモン、アミン(アミノ酸誘導体ホルモン)などがあり、内分泌系の情報伝達物質で、血液中に放出されます。体の中の様々な情報のやりとりをする物質を、総称してホルモンと呼びます。
ホルモンには、100種類以上の種類があると言われています。

メラトニンは、アミノ酸のチロシンの誘導体である
アミン(アミノ酸誘導体ホルモン)の一種です。

メラトニンが不足すると…

メラトニンが不足すると、以下のような症状が出ることが考えられます。

メラトニン不足で起きる症状

  • 不眠
  • 睡眠の質の低下(眠りが浅い、ぐっすり眠れない)
  • 目覚めの悪さ

メラトニンの生成

メラトニンは、松果体によって生成されます。暗闇の中で生成が可能となります。
夜の青色光は体内時計を狂わせ、ある特定のガン、心臓病、糖尿病、肥満などさまざまな生活習慣病のリスクを高めることが発見されてきています。

メラトニンは、電磁波により破壊されてしまいます。
そのため、就寝前の携帯電話やパソコンなどの使用は、できるだけ遠ざけたり、電源を切ることが薦められています。

天然のメラトニンは、セロトニンによってつくられるため、十分なセロトニンが作られていること、そして夜できるだけ暗くすることで、良い睡眠サイクルをとれるようになるしょう。

メラトニンの効果 睡眠以外にも?

ラッセル・J・ライター著書 奇跡のホルモン メラトニンによると、メラトニンは他にもさまざまな効果があるそうです。

ラッセル・J・ライター

松果体やメラトニンについての研究をしている。
著書:奇跡のホルモン メラトニンThe Pineal(英語)など


メラトニンのさらなる効果

  • 優れた酸化作用
  • 免疫力を向上させる
  • ガン治療
  • 心臓病
  • 精神病、中枢神経疾患(躁鬱病、分裂病、アルツハイマー病等)
  • 老化防止効果
  • 糖尿病
  • エイズ治療

メラトニンの抗酸化作用は、放射線による障害からも守るとラッセル・J・ライターは述べています。

メラトニン 食品・サプリメント

現在、日本ではメラトニンのサプリ販売は禁止されています。
海外ではメラトニンのサプリメントはよく摂られているようです。
サプリのほかにも、食品タイプのものもあります。

  • 効能
    • メラトニン3mg配合
    • 時差ぼけの緩和
    • 睡眠サイクルの改善
    • スッキリした目覚め
    • 品質と効力を保証するために研究所で試験されています

メラトニン 食品

メラトニンと癌の関連性

癌は、メラトニンの減少との関連性があるという説があります。

メラトニン療法によると、

疫学的には効くものであり、がんの進行や成長を抑制するという疫学的、実験的、臨床的な研究報告がある。

2017年米国、2017年中国、2019年中国・スペインなどから、がんに対するメラトニンの特徴的な作用は、抗がん剤やがん毒素からヒトの正常細胞に対する保護作用、肝毒性の軽減作用、転移の抑制作用であることが発表されています。メラトニンの化学療法や放射線療法の副作用を軽減し治療効果を強化するがん治療の補助療法としての多くの研究から、米国の研究者は、患者の身体的なウェルビーイング(良好な状態)を改善するために、従来の抗がん治療とメラトニンの併用を積極的に勧めています。

とあります。

しかし、炎症促進作用と免疫活性化作用があり、炎症性疾患や自己免疫疾患を持つ人は内服しないほうが良いとのことです。
そのほか、てんかんや神経系の疾患を持つ人も、サプリメントなどの摂取は控えた方がよいという指摘もあります。

メラトニン おわりに

メラトニンは、まだまだ日本では研究の内容がシェアされていません。松果体から生み出されるということで、個人的にはとても重要な役割を担っているホルモンではないかと思っています。
これからの科学研究でどんどんシェアされていくことを期待します。


バー 1

ホロシンクとは?

禅僧の八倍瞑想効果、ホロシンクの秘密とは。


ホロシンクとは?

ホロシンクQ&A

ホロシンクのQ&Aについて紹介しています。


ホロシンクQ&A

ホロシンク ビル・ハリス ザ・シークレット

ザ・シークレットに出演したビルハリスについての記事です。


ビルハリスとは