脳内神経伝達物質 ②ドーパミンとは

ドーパミン
画像引用:Wikipediaより

ドーパミンとは

神経伝達物質の一つ、ドーパミン。私達の身体はドーパミンを作り、神経系は神経細胞間でドーパミンを使ってメッセージを送っています。

ドーパミンは、私たちが「喜び」を感じる役割を果たします。
私達ヒトが持つ「考えたり、計画する能力」に対して重要な神経伝達物質です。
何かに励むときや、集中するとき、面白さを発見するのを助けています。

ドーパミンが作られるプロセス

それは2段階のプロセスを経て脳内で行われます。
1.アミノ酸のチロシンを「ドーパ」と呼ばれる物質に変える
2.ドーパをドーパミンに変化させる

ドーパミンの過不足が偏りすぎると…

ドーパミンが多すぎたり、少なすぎたりすると、さまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。パーキンソン病のように深刻な場合もありますが、他の場合はそれほど深刻ではありません。

ドーパミンが影響している行動や身体症状など

  • モチベーション
  • 学習能力
  • 睡眠
  • 気分
  • 注意力
  • 集中力
  • 心拍数
  • 体の動き
  • 血液・血管の機能
  • 腎臓の機能
  • 痛みのプロセス

ドーパミン 精神的な病気や症状に対する影響

さまざまな因果関係があるため、ドーパミンが多いから、少ないからというだけで決めつけることはできないのですが、ドーパミンは、さまざまな精神疾患や精神の不調に大きな関係があるとされています。

精神疾患にかかっているときには、ドーパミンのアンバランスさから来ている状況が多いのです。

ドーパミンと統合失調症

統合失調症の人の脳では、脳の特定の部分でドーパミンが過剰に活動しています。
幻覚・妄想、欲求の欠如、やる気の喪失などの症状を引き起こしたりします。

ドーパミンと薬物依存症

コカインなどの薬物は、脳内のドーパミンを大幅に急速に増加させます。これは、脳の「報酬システム」を大きく満足させます。薬物を繰り返し使用していくうち、この種の「喜びの閾値」も上がります。そのため、同じ喜びのレベルまで得るためにはもっと多くの薬物を摂取する必要があるのです。さらに、薬物は私達の体がドーパミンを自然に生産する能力を低下させてしまいます。

ドーパミンとADHD

一部の研究で、ドーパミンの不足が原因である可能性が示されています。
ドーパミンの不足は、遺伝子に起因する可能性が多々指摘されています。
ADHDの薬であるリタリンは、ドーパミンをブーストすることにより作用します。

ドーパミン 身体的な病気や症状に対する影響

ドーパミンは、他の身体的な病気の症状にも影響しています。

パーキンソン病

ドーパミンは、脳内で「動き」を伝えたりそれらをコントロールしています。
パーキンソン病では、あるタイプのニューロンが退化していきます。それにともない、送信するシグナルが無くなり、作られるドーパミンの量も減少していきます。
これらの神経伝達物質のアンバランスさは、身体的症状(震え、こわばり、自発運動の遅さ、バランスの悪さ、動きのなめらかさの悪さなど)を引き起こします。

肥満

「報酬システム」の満足感を得られる量が、適量よりも多い場合、自身が燃焼するエネルギー量よりも多くの食べ物を摂取してしまう場合があります。

その他、強迫性障害、トゥレット障害などの症状もドーパミンが関連していると言われています。

ドーパミンを増やすには

ドーパミンを増やすには、ドーパミンのもととなる「チロシン」を摂取すると、ドーパミンの生成が増加します。サプリメントなどでも摂取できますし、納豆、チーズ、鰹節などに多く含まれています。

チロシンサプリの例



さらに、目的を達成をした際に満足感を得た場合に、ドーパミンが多く発生すると言われています。何かしたいことを見つけ、一つ一つ達成していくことでドーパミンも分泌することができるでしょう。
また、ウォーキングなどの運動でもドーパミンが増えるので、適度な運動も心がけるとよいでしょう。

バー 1

ホロシンクとは?

禅僧の八倍瞑想効果、ホロシンクの秘密とは。


ホロシンクとは?

ホロシンクQ&A

ホロシンクのQ&Aについて紹介しています。


ホロシンクQ&A

ホロシンク ビル・ハリス ザ・シークレット

ザ・シークレットに出演したビルハリスについての記事です。


ビルハリスとは